たるみの解消

上を見る目

目の下のたるみは、人の見かけを大きく老けて見せる原因の一つです。
たるみの原因は人それぞれです。眼窩脂肪が年齢と共に移動し、突出した後から目の下に凹凸ができ、たるみができるという人も多くいます。
たるみは、自力でもある程度ケアを行なうことができます。しかし、自力でケアが行えないという場合は、美容クリニックに依頼を行い、外科的な方法でたるみを取っていくということができます。
たるみがどの程度のものか、本当にたるんでいるのか、もしくはそう見えるだけなのか等人によって症状は様々です。
美容外科クリニックでは、この人の本当の原因と根本的に治療を行なう方法をとっていくので、大きく改善させることができます。

美容外科では、外科的な施術を行いたるみを除去していくことがあります。
目の下のたるみを取る施術で、よく行われているのが、下眼瞼切開という方法です。下眼瞼切開は老化が進むと、皮膚が伸びて垂れ下がった部分の切除と眼窩脂肪の切除を行います。
術後の腫れが少なくて済むということが特徴ですが、暫く待つことで希望通りに落ち着いていきます。
3〜4ヶ月という時間をかけて落ちつていくもので、コンタクトは当日から行なうことができます。
メイクは手術の2日後から行なうことが可能で、とても綺麗な仕上がりなります。
しかし、この施術は美容外科の医師の力量によっても、仕上がりが異なるという点があります。
インターネット等で評判の良いクリニックを探して選ぶことが大切です。